猿さん、覆いを取らないでね!

畑ブログ

収穫までもう少しのところで、猿さん食べられた実エンドウ。

「お猿さん、お願いだから実エンドウ、残しておいてね」という思いを、前回のブログにアップしました。

食べられたことがわかってから、一週間後の昨日、てっぺん畑に帰りました。

心配していましたが、その後、食べられた形跡はありませんでした。

一安心です!

これまでにもジャガイモ、サツマイモ、エダマメ、キャベツ等の野菜が動物の被害を受けています。

「てっぺん畑の野菜作りも、猿や鹿、猪等の動物のために作っているみたい!」という家人の声。

最近は、半ば諦め気分で、そうともいえるかな・・・、という心境。

でも、やっぱり「作った野菜は自分たちで食べたい」と思い強くなり、

実エンドウに覆いをかけ、様子を見ることにしました。

「猿さん、ごめんね。ささやかな生産者の気持ち、わかってね」

「お願いだから、覆いを取って食べたりしないでね!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました