タマネギ、現在、冬越し順調

畑ブログ

11月に苗を植えたタマネギ、年を越しても今のところ順調です。

タマネギを作ろうと思った最初の頃は、苗を植えてもうまく根付かず、葉の部分が育たないまま枯れてしまう苗が多くありました。

当時も、横一列に4から5ずつ苗を植えていったのですが、結果的な全体の4分の1ぐらい、枯れてしまいました。

その原因として

①土がぱさぱさで根がつきにくい?

②発酵鶏糞に負けた?

が思い浮かびました。

そのため、2年前から発酵鶏糞を入れずに発酵牛糞だけにしました。

また、苗を植えた後、真砂土を入れ軽く押さえるようにしました。

それがよかったのかどうかは?ですが、昨年は、枯れてしまう苗も少なく、無事、収穫することができました。

昨年11月も同じ苗「もみじ3号」と「赤タマネギ」を、同じようにして植え付けをしました。今のところ、葉が枯れてなくなってしまっている苗もないようです。

タマネギは冬越しをする代表野菜と言われています。

葉が細すぎると枯れてしまいやすく、葉が太いと春にとう立ちをしてしまい、球が大きくならず、おいしくさもなくなるとも言われています。

今、葉の太さは少し細いかな、とも見えますが、今のところ順調かな、という感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました