ジャガイモ畑の準備

畑ブログ

ジャガイモを植えるのは例年、3月の最終週の土日に植えています。

令和4年は3月26日(土)か27日(日)のどちらかの日に植える予定をしています。

天候の加減で、1週遅く4月2日(土)が3日(日)でもいいかなと思っています。

ジャガイモの植える予定日から逆算すると、

耕運機をかけるのが3月13日(日)、

「返し」をするのが3月20日(日)という予定になります。

先日、3月13日(日)にジャガイモ畑に耕運機をかけました。

この畑は昨年の秋から白菜とダイコン、カブを育てた畑です。

その前の週は雨が降らなかったため、土が堅くなっていて、耕運機が跳びはねるところもありましたが、無事、終えることができました。

今回は発酵鶏糞を入れ、耕運機の二度がけをしました。

発酵鶏糞は有機肥料の働きをしてくれます。

もう一つ、発酵牛糞を「返し」の時に入れる予定です。

「返し」の作業は、耕運機をかけたときに下に下がった土を鍬で上に上げていく作業です。

発酵牛糞は、畑をふかふかにしてくれる働きがあるので、「返し」の時に同時進行で混ぜ、作業の効率化を図ろうと思っています。

そして、もう一つ欠かせないのが石灰です。

ただジャガイモは酸性土を好むらしいので、有機石灰を多すぎない程度に入れ、「返し」をしながら土全体に混ぜていく予定です。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました