続 有栖川有栖(『ペルシャ猫の謎』最終編)『猫と雨と助教授』講談社文庫

猫好き必見!猫が登場する本紹介!

『猫と雨と助教授』

やっぱり『ペルシャ猫の謎』の最終編『猫と雨と助教授と』を紹介しておかなくては。

この物語はページ数にして僅か6ページ。

短編中の短編小説です。

火村助教授が下宿している家主の婆ちゃんこと篠宮時枝さん。

大学の助教授をしている火村はここで下宿しているらしい。

婆ちゃんから、取材旅行中の有栖川アリスに電話がかかってきます。

電話口から聞こえてくる猫の声。

「『にぎやかですね』『へえ、ほんまにやかましいことで』と言う婆ちゃんの目は糸のようになっているのだろう。」(p.299)

確か婆ちゃんの家には「瓜太郎」と「小次郎」の2匹の猫がいるはず。

もう一匹、新顔が仲間に入ったのか?

聞けば、火村助教授が雨の日に拾ってきたとのこと。

婆ちゃんも火村助教授も無類の猫好きらしい。

火村が拾ってきた子猫が元気いっぱい跳びまわっているらしい。

この子猫の名前は「桃」。名前を付けたのは婆ちゃん。

なぜ「桃」なのか?

「桃」を拾った雨の日のこと、どうやら有栖川も思い当たることがあるらしい。

婆ちゃん、火村助教授、そして有栖川の猫への愛を感じてしまいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました