重松 清『ブランケット・ キャッツ』朝日文庫

猫好き必見!猫が登場する本紹介!

ブランケット・キャットとは?

ブランケット・キャットとは、基本的に2泊3日で貸し出される猫のこと。

なぜ、2泊3日なのか?

「三日過ぎると情が移ります。猫の方は逆に、もうここに帰れないんじゃないかと思って不安になる。それはお互いブランケット・キャットにとって不幸なことと思うんですよ。」(p.9)という店長のことば。

あくまでレンタル、レンタル料と預かり金を合わせるとそれなりの額になる。

この本はそんなレンタル猫、ブランケット・キャットを借りた人や家族の物語が7話。

1話 花粉症のブランケット・キャット

2話 助手席に座るブランケット・キャット

3話 尻尾のないブランケット・キャット

4話 身代わりのブランケット・キャット

5話 嫌われ者のブランケット・キャット

6話 旅に出たブランケット・キャット

7話 我が家の夢のブランケット・キャット

それぞれに事情をかかえる家族や人々。

そんな家族や人々に借りられる猫。

猫の名前は、借主が決めるとのこと、さて、それぞれにどんな名前が付けたのか?

付けられた名前にもそれぞれの思いが・・・。

重松 清の本は、以前、朝日新聞にも連載されていた「ひこばえ」をはじめ、「とんび」等、何冊か読んだことがあります。

本に登場する家族や人々がそれぞれに事情を抱え、崩れそうになっていく。

しかし、最後には絆のようなもので結ばれていく。

その生き方に自分自身の生き重ねていく、というのが、私の勝手な印象です。

「ブランケット・キャッツ」でも同じような感想を持ちました。

7話それぞれに「ブランケット・キャッツ」が話の真ん中に、そして、片隅に登場し、家族や人と人をしっかりと支えているように感じました。

第6話の「旅に出たブランケット・キャット」だけが、レンタル猫を6年間続けている「ダビー」という名の猫が主人公で、猫目線で書かれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました