宮西 達也  絵本『にゃーご』鈴木出版

猫好き必見!猫が登場する本紹介!

「にゃーご」と聞いて思い浮かぶのが「ねこ」。

「にゃーご」はねこのなき声。

ねこが登場すれば、次の思い浮かぶのが「ねずみ」

この絵本は、ねことねずみの話です。

「ねこはねずみを食べる」という関係、誰もが知っている当たり前のことが前提となり、話が展開していきます。

「いいですか、これがねこです。この顔を見たらすぐににげなさい。つかまったらさいご、あっという間に食べられてしまいますよ。」と

ねずみの学校で子ねずみたちに教えている先生。

みんなは真剣に聞いているのに、まったく聞いていない子ねずみが3びき。

その子ねずみが何と学校を抜け出してしまうのです。

「にゃーご」

そこで出会ったのが、ひげをぴんとさせたおおきなねこの「たま」。

「おじさん、だあれ」と聞く子ねずみ、

「おいしいももをとりに行かない。」と子ねずみにさそわれていっしょにももをとりに行くたま。

その後、子ねずみとたまの関係がどう変化していくのか。

そのキーワードになるのが「にゃーご」

読み進めていく中で気持ちも・・・。

※「にゃーご」は小学校2年国語の教科書にも取り上げられています。

(東京書籍「新しい国語」2年上)

コメント

タイトルとURLをコピーしました