川村 元気『世界から猫が消えたなら』小学館文庫

猫好き必見!猫が登場する本紹介!

この本が、以前に映画化されたことは知っていました。

知っていたというよりは、映画化されたことを何かで読んで(見て)、知ったというのが当たっています。

解説を書かれた中森明夫さんが、

「これはすごい小説だ。特別な物語だ。」(p.220)

「一冊と言わず、2冊、三冊、いっそまとめ買いをしてもよい。(中略)人生は短い。あなたに残された時間はそう長くない。」(p.220)

と書かれた意味が、読み終えてなんとなく分かったような気がしています。

「世界から猫が消えたなら」の主人公の名前は?

物語の中で出てくるのは主人公の「僕」、主人公と母親との会話でも「母さん」、「あなた」等で展開していくので、主人公の名前は書かれていない?

「どこかに出ていたのかな、見過ごしてしまったのかな?」

と書いているとき、ふと気になってしまいました。

登場する猫は「レタス」と「キャベツ」。

同時に登場するのではなく、レタスが死んでからキャベツが登場する。

余命宣告をされた主人公の前に登場するのが、主人公の姿をした悪魔。

悪魔から「世界から何かを消せば命が延びる」と言われた主人公。

そこから、月曜日から火、水、木、金、土、日曜日までの話が続く。

金曜日だけがキャベツが擬人化されて登場する。

キャベツが主人公を呼ぶとき、「お代官様」と言う。

なぜ、「お代官様」なのかの意味は分からなかったが、キャベツと主人公の互いを思う気持ちだけは、しっかりと伝わってきた。

この物語の出てくることばに、

「死ぬまでのしたい10のこと」(pp.16-17)

「あなたの素敵なところを10個伝えておきたい」(p.192)

自分に置きかえたとき、10のことを言えるのか?

また、

「何かを得るためには、何かを失わなくてはね。」(p.184)

「人間が猫を飼っているわけではなくて、猫が人間のそばにいてくれてるだけなのよ。」(p.190)

「生きる」ということ、そして「OjoKuro」、わが家にいるオジョーとクロとの生活について考えさせられる一冊になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました