♪クロちゃんは、ストーブの前でまるくなる♪

Kuro

寒い日が続いています。

仕事から帰って、まずすることが風呂に入る準備。

設定温度は40度。

入る前に風呂用暖房器のスイッチをオン。

風呂用暖房器を付けたのは、ヒートショック現象よる血圧変動を防ぐため。

風呂にゆっくりと入って夕食。

夕食時は石油ファンヒーターのスイッチをオン。

部屋が暖まってきた頃を見計らって、炬燵の中からでてきたクロ。

ヒートショックに気を付けているのかな。

食べている正面に座ってこの表情。

「ごちそうですね。」

「クロちゃんも食べる?」、「マグロの刺身はどうですか?」

「いただこうかな。」と言って?マグロを食べるクロちゃん。

その後、何か気に食わないことがあったのか?後ろを向いてしまうクロちゃん。

しばらく続く。

再び動き始めたクロちゃん。

素早く私が座っている椅子の背もたれと私の背中の間に入り込む。

「どいてくれます。」

「また食べているからダメ!」

暗黙の椅子取り合戦が始まる。

根負けをした私が席を立つとこの態度。

「♪猫は炬燵でまるくなる♪」

「♪クロはストーブの前でまるくなる♪」

気持ちよさそう!!

※「猫の寒さ対策!猫の暖房について知っておきたいこと」

猫の寒さ対策! 猫の暖房について知っておきたいこと。低温やけどにも注意! | 猫との暮らし大百科

コメント

タイトルとURLをコピーしました