伊集院静『ねむりねこ』講談社文庫

猫好き必見!猫が登場する本紹介!

今回、猫が登場するのは表紙だけ!

「ねむりねこ」は伊集院静の随筆集のタイトルである。

「ねむりねこ、とは妙なタイトルに思われるかもしれないが、表紙の猫の絵についたタイトルをそのまま使うことにした」(p.291)

「ここ数年、不安になったり、悩んだりすると、私は守一の作品を眺める。ゆっくり見ていると、なにをそんなに小事に気を病む、生きている、それで充分、あと何がいるというのだ、と画家の声が聞こえる気がする」(p.291)

その画家が熊谷守一。

この本で初めて知った画家である。

「ねむりねこ」の中には、犬は登場しても猫は登場しない。

熊谷守一の猫の絵も表紙だけで、どこにも載せられていない。

伊集院静がタイトルに使い、猫の絵を載せた思いを感じたくなった。

早速、「熊谷守一」で検索すると

「波乱万丈の画家人生70年を追う『熊谷守一生きるよろこび』展」

猫だけじゃない、波乱万丈の画家人生70年を追う「熊谷守一 生きるよろこび」展
竹橋の東京国立近代美術館で開催中の『没後40周年 熊谷守一 生きるよろこび』は、合計200点を超える作品と共に、画業を振り返る大型回顧展。研究熱心で、様々な工夫をし制作していた守一の作品を読み解く、今展の魅力をお伝えします。

を見つけ、熊谷守一の世界にふれることができた。

そして、伊集院静が「ねむりねこ」を通して伝えたかったメッセージは「生きるということ」なのかなと感じた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました