実エンドウ、成長を願ってネット張り!

畑ブログ

ようやく春の気配が感じられる季節に入ってきました。

昨年の11月に種を落とした実エンドウ。

例年に比べ雪も多く降り、気温の低い日々が続いた冬を乗り越え、少しずつ少しずつ成長しています。

ただ、成長の証となる実エンドウの伸びは芳しくなく、中には葉が弱っているものも見られます。

てっぺん畑に帰る途中で見かける畑の実エンドウは勢いがあり、ネットの半分ぐらいまで伸びてきているものも見かけます。

車窓からなので、それがスナップエンドウなのか、他の品種のグリーンピースなのかは確認できませんが、よく育っていることは確かです。

先日、てっぺん畑の実エンドウにもネットを張りました。

実エンドウの幼苗は、「4~7℃の低温に耐え、低温にあたることで花芽の分化が進む」らしいので、きっと大丈夫だと思うのですが・・・。」

これから暖かくなるにつれ、成長に勢いがつくことを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました