収穫を待つ紅はるか(サツマイモ)

畑ブログ

5月23日(日)にツルを植えた「紅はるか」。

収穫期まで後もう少しのところまで成長してきました。

昨年は、半分近くがサル?に掘り返されてしまったため、小さめで少量の収穫でした。

「土の中からアナグマの仕業?」等等

今年は、冬場に柵を頑丈なものに変え、下からの侵入を防ぐため、地面との隙間を狭くしました。

ところが、6月の終わりにツルを引っ張られ、引き出された形跡が見られました。

「やっぱりサルの仕業?」

「柵が壊れていなかったのでイノシシやシカの仕業ではないな。」

とりあえず、応急措置として、引っ張られて外に出ていたツルを土の中に埋めておきました。

土の中から外に出てしまっていたツルから、再びサツマイモが育つのか・・・。

それ以降は、特に荒らされた気配がなかったので、収穫のとき、どんな「紅はるか」が登場するか?

また報告します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました