薬味、ミョウガとアサツキ !

畑ブログ

<ミョウガ>

ミョウガが枯れてきました。

ミョウガは宿根性の多年草で繁殖力が強く、年を追うごとに広がってきます。

ミョウガ、最初に植えたのは7年前。

週一農業では、この畑まで世話ができないと考えていた時、

ちょうど、知人から「ミョウガを育ててみたい」という希望を聞き、植えたのがそもそものきっかけ。

収穫についても、見つけたら収穫するというという感じ。

特に手を入れることなく、「ほっとらかし」状態。

昨日、久しぶりに下を覗いてみると、ミョウガを発見!

収穫しました。

ミョウガについては「植えてはいけない野菜」という説もあるそうです。

その理由(「ミョウガを食べてはいけない」で検索)

1.繁殖力が強い。

2.他の野菜の植える場所を少なくする。

3.半日陰で育てなければならない。

4.物忘れがひどくなると言われている。

3。人により体調不良を起こす。等

反面、ミョウガは古くから日本では重宝されています。

そうめんなどの薬味や揚げ物等にして食べられてきました。

ただ、てっぺん畑のミョウガはそろそろ片付け時かな、とも考えています。

全部取り除くのか、繁殖した場所を狭くしていくか、少しだけ移植するかを迷っています。

<アサツキ>

アサツキを植えたのも、ミョウガと同じ頃。

アサツキは球根性の多年草。

アサツキは春と秋の訪れを知らせてくれる野菜です。

これまでも、必ず春と秋に収穫できたので、「当たり前」のことと捉えてしまうようになり、

当初の感動も・・・です。

アサツキという名の由来は、「ねぎ」に対して色が薄いことからきているそうです。

ハーブの「チャイブ」の一種とも言われています。

昨日、秋のアサツキを収穫しました。

収穫後すぐに一定の長さにしてゴムバンドで止めておきます。

こうしておくと、使いたいときに料理用バサミで切って使えるので便利です。

我ながらいいアイデア?と自画自賛!

収穫してから、冷蔵庫に入れておくと3、4日持ちます。

刺身の薬味、スープ、みそ汁、卵焼き、酢味噌和え等、重宝しています。

一度にたくさん収穫したときもありましたが、食べる量(使う量)だけ収穫することにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました