続「白菜、無双と金将二号の大きさ比べ」

畑ブログ

前回、

てっぺん畑で栽培している白菜の品種は「無双」と「金将二号」。

無双は早生種で金将二号は中生種。

形も同じ「胴張りのよい円筒形」。

大きな違いは「大きさ」、金将二号が大きく、低温肥大性に優れたものは3㎏まで太る、というところまで紹介しました。

ただ、私が撮った画像では、大きさの違いがよく分かりませんでした。

そこで、昨日、金将二号を初収穫し、改めて無双と大きさを比べてみました。

やっぱり金将二号の方が一回り大きいです。

どれ位大きいのか?

今回は画像でもよくわかります。

画像だけでは物足りなくなり、無双と金将二号の重さを量りたくなりました。

確かてっぺん畑の物置にも秤があったような?

幸いにして、亡くなった父母が使っていたと思われる「上皿自動秤」が見つかりました。

小学校算数3年「重さ比べ」の学習でも使う秤です。

 <はかりの使い方>※小学算数3年下(日本文芸出版p.39)

 ①はかりを平らなところにおく。

 ②はじめに、はりが0をさすようにする。

 ③めもりは、正面から正しく読む。

早速は量ってみました。

<金将二号>

この日収穫した金将二号、なんと「4.5㎏」ありました。

3㎏と紹介されていた重さをはるかに上回った重さでした。

ちなみに、無双も2.62㎏ありました。

<無双>

これまで、「今年は白菜の成長が順調」と書いてきましたが、数値として立証されると、

誰に自慢するわけでもないのですが、うれしくなりました。

ただ、「そんなに重くて大きいと、家で調理するのに難しいかも?」と言われ、その言葉にもなんとなく納得しました。

でも、大丈夫!

この時期、保存もききます。

なべ物や炒め物、浅漬け等、少しずついただくつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました