匠の聚(たくみのむら) ダムカレー

てっぺんファームの周辺風景

一枚の写真「かもしかさん」がフォトコンテストで入賞した記事の中で少しだけ紹介した

匠の聚。

匠の村の所在地は、奈良県吉野郡川上村東川(うのがわ)にあります。

1999年の5月にオープンしたそうです。

川上村の施設です。

絵画や写真、陶芸等、様々なジャンルの芸術家が移住し、芸術活動をしながら生活をされているところです。

芸術家によるアート体験教室も開かれているそうです。

陶芸教室や七宝焼教室、アクセサリー教室等、気軽に申し込みできると紹介されています。

宿泊施設もあります。

1人泊から2人泊、3人泊、4人泊以上が泊まれるアトリエ風のコテージが立てられています。

「昼はアート、夜はのんびりと星空観察」がキャッチフレーズ?になっているようです。

ギャラリーには、その時々の作品が展示されています。

2022年1月中は、匠の聚フォトコンテストの作品が展示されているそうです。

匠の村にはカフェスペースがありまる。

その中には木工品や陶芸品等も展示販売されています。

カフェの魅力は何と言っても、前に広がる雄大な自然と景色です。

そして、今、カフェの一番の看板メニューが「ダムカレー」なんです。

ダムカレー

基本はキーマカレーとグリーンカレー。

グリーンカレーが「源流の森」を現わしているそうです。

そして、もう一つのこだわりが、「源流の森」川上村の水を使って育てたお米だそうです。

そのお米から炊いたご飯がダムの堤防を現わしています。ご飯の堤防の型は在住の陶芸家の方が作られたそうです。

作り手のこだわりが強いダムカレー、一日10食の限定だそうです。

ダムカレー、私もいただきました。

食べる前は、「レトルトのカレーを使っているのかな」と思ったりもしていました。

「いただきます!」

見た目の美しさとともに、本格的なカレーを堪能することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました