猫好き必見!猫が登場する本紹介!

猫好き必見!猫が登場する本紹介!

西加奈子「きりこについて」角川文庫

「きりこはぶすである」というびっくりするような書き出しから始まるこの本。 「きりこがぶすである」証となる文章表現が、あまりにも衝撃的なので返ってあっさりと読める。 「きりこ」という当の本人は、一人っ子で両親から「可愛い 可愛い...
猫好き必見!猫が登場する本紹介!

森沢明夫「大事なことほど小声でささやく」 幻冬舎文庫(電子版)

通勤の電車の中で本を読むことはずっと前から習慣になっている。 文庫本が中心で、「猫が登場する本」の紹介も電車の中で読んだ本だ。 携帯で電子版の本を読むようになったのはいつからだろう? 今の携帯の前に変えた携帯から読み始め...
猫好き必見!猫が登場する本紹介!

熊谷守一『熊谷守一の猫』株式会社求龍堂

伊集院静の随筆集「ねむりねこ」の表紙、猫の絵のことが知りたくてGoogle検索をしたのがきっかけに、画家「熊谷守一」を知り、「宝井琴調『眠り猫』福音館書店」とも出会い、 ついに画集「熊谷守一の猫」にたどり着くことができました。 ...
猫好き必見!猫が登場する本紹介!

宝井琴調『眠り猫』福音館書店

「眠り猫」は「宝井琴調」が作者で、「ささめやゆき」が絵を描いた絵本。 この絵本を知ったのも、前回紹介した伊集院静の「ねむりねこ」がきっかけでした。 伊集院静の「ねむりねこ」のことが、もっと知りたくてGoogle検索をしたときに...
猫好き必見!猫が登場する本紹介!

伊集院静『ねむりねこ』講談社文庫

今回、猫が登場するのは表紙だけ! 「ねむりねこ」は伊集院静の随筆集のタイトルである。 「ねむりねこ、とは妙なタイトルに思われるかもしれないが、表紙の猫の絵についたタイトルをそのまま使うことにした」(p.291) 「ここ数...
猫好き必見!猫が登場する本紹介!

和田はつ子『料理人季蔵捕物控』ハルキ文庫第43巻「さしみ朝膳」今回は猫の話ではなく・・・

  猫が登場していたのをすっかり忘れていた「料理人季蔵捕物控」! 「料理人季蔵捕物控」は、私が平成26年から新刊が出る度に読んでいる時代小説。 第1巻の「雛の鮨」から読みはじめ、第41巻「焼き天ぷら」を読んだとき、瑠璃を...
猫好き必見!猫が登場する本紹介!

群ようこ『福も来た パンとスープとネコ日和』ハルキ文庫

「猫が登場する本」を紹介しようと思ったきっかけは、群ようこさんのファンだったことが影響しています。 そのため、夏目漱石の「吾輩は猫である」の次の2冊目として、このブログで 紹介しました。 「福も来た パンとスープとネコ日...
猫好き必見!猫が登場する本紹介!

和田はつ子『料理人季蔵捕物控』ハルキ文庫

猫が登場していたのをすっかり忘れていた「料理人季蔵捕物控」! 「料理人季蔵捕物控」は、私が平成26年から新刊が出る度に読んでいる時代小説。 第1巻の「雛の鮨」から読みはじめ、最新刊の「焼き天ぷら」が第41巻。 主...
猫好き必見!猫が登場する本紹介!

早見 和馬『かなしきデブ猫ちゃん』集英社文庫

「かなしきデブ猫ちゃん」は絵本? 文が「早見 和馬」、絵が「かのう かりん」。 目次の裏に「愛媛新聞社より刊行されました」と書かれていました。 3部構成で 第1部が「窓の向こう」 第2部が「荒野へ」 第...
猫好き必見!猫が登場する本紹介!

朝井まかて『銀の猫』文春文庫

題名が『銀の猫』だったので、てっきり猫が登場する物語だと思って迷わず買いました。 目次を見ると、八話から連作短編。 第一話が「銀に猫」 第二話が「隠居道楽」 第三話が「福来雀」 第四話が「春蘭」 第五話...
タイトルとURLをコピーしました