自宅前の草刈り

畑ブログ
<草を刈る前>

今年は冬から春にかけて気温が高かったせいか、自宅前の草も伸び放題。

この土地は私の所有する土地ではありませんが、自宅前ということもあり、気になったので、この家に住み始めてから奉仕作業として草を刈らせてもらっています。

<刈った草を置くスペースをつくる>
<作業終了>
<ナイロン刃を装着したマイ草刈り機>

昨年は、5月5日に1回目の草刈りをしました。今年は二週間、早く刈ることになりました。

草刈りは3工程で刈っています。

第1工程は、草刈り機に刃を装着して、端、少し間隔を空けて真ん中、間隔を空けて端という順に刈っていきます。間隔を空けるのは、刈った草を置くためのスペースを確保するためです。長年の知恵です。

第2工程は、ナイロン刃を装着して溝との境目やすみの方をきれいにしていきます。ナイロン刃は金属の刃より軽く、隅々まで刈れるのですが、草の粉が飛び散るのが難点です。

第3工程は仕上げです。ほうきや草刈り用の鎌、小型の熊手を使って溝や境目をきれいにします。横に用水路があるので用水路に入って草を取り除きます。

約4時間の作業で草刈りの完了です。

これから夏を迎え、すぐに草が伸びてくるので、後、3回は草刈りが必要になりそうです。

マイ草刈り機は、てっぺん畑で使っている草刈り機を車で持って帰り、その都度、刈っています。

今、売られている草刈り機は安全装置がついていますが、以前の型なので注意して刈るようにしています。

これから夏、秋にかけて、てっぺん畑のある家の隣や畑の周り、畑までの道等、マイ草刈り機が大活躍する季節に入ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました